赤本(過去問)っていつから始めたら良いですか?【明石教室】

藤井セミナー明石教室長の木下です。

 

 

 

さて、明日から10月に入ります。

夏休みも終わり丸1ヶ月が経ちました。

いよいよここから大学受験本番へ向けて実践を積んでいく時期になります。

ただいま藤井セミナーでは入塾説明会を

行っております。

入塾説明会の申し込みはこちらから

 

 

さて今回は大学受験生がするであろう「赤本」について

書いていきたいと思います。

9月27日(日曜)に第1回目の「赤本大会」を開催いたしました。

赤本大会開催のお知らせと、開催された内容の記事です。

第2回目の赤本大会も行うので、在学生は参加しましょう。

(また現役生の場合は、友達を誘って連れてきて

もらっても構いません。

誘って、お互い競い合ってください!!)

 

 

上記の記事にも書いているように、夏休みを終えて早くても9月、

遅くても10月中旬~下旬には実践練習も兼ねて、

志望校への受験対策をするために自分で赤本を解いていきます。

 

 

まずこの段階で覚えておいて欲しいことは、

「必ずしもこの時期に高得点を取る必要は無い」ということです。

もちろん高得点を取ることに越したことは無いですが、

おそらくそのような受験生はほとんどいないと思います。

 

 

夏休みを終え、暗記と復習を徹底的にやってきた生徒にとっては、

この時期にある程度の知識を付けて来たので、

赤本で良い点数が取れると考える(勘違いする?)と思う人が

多いと思います。

 

 

ここで受験生に問いたいのは、

「9月27日(日曜)に赤本大会がありましたが、

実際取れた結果、点数はどうでしたか?」

という事です。

 

 

実際解いてみると分かる事なのですが、

「1回だけ解いて良い点数を取る事が出来るのは極稀である」

という事です。

 

 

これは先日赤本大会に参加したほとんどの生徒が思っていることだと思います。

 

 

なので、やる気をなくす必要は一切ありません。

今の段階では、この時期に点数を取れなくても気にしなくて良いです。

それよりも「間違えたところの見直し」と

「不足していたところの確認」を行っていきましょう。

 

 

では、この時期から「赤本は何の為に解くのか」を説明したいと思います。

大きく分けて2つあります。

 

(1)時間配分の確認と慣れ

(2)「分かる」→「出来る」への変換

です。

 

 

 

 

 

(1)時間配分の確認と慣れについて

赤本を解くことによって、その大学の問題の傾向をつかむことが出来ます。

そしてその傾向に合わせて時間配分を設定して、その傾向に

慣れていくという作業をします。

要は「対策」です。2月の受験時点では周りの受験生とはあまり知識の差は

ないと思います。

となると差がつくところ、大事になってくるのが、この「対策」です。

 

 

(2)「分かる」→「出来る」への変換

夏休みまでは徹底的に暗記と復習を行ってきたと思います。

英語で言えば英単熟語や文法、世界史・日本史で言えば通史から基本的な

文化史までは勉強してきていると思います。

後は、その詰めた知識を「使える」ようにしていかなければいけません。

 

 

問題を解くのに必要なのは「なぜその答えになるのか?」です。

もちろん一問一答式のように「〇〇だから△△」と出来る場合もありますが、

複数選択肢がある中ではこれは難しいです。

なので赤本を解いていくことで、どうすれば問題の答えに繋がるかの

訓練をする必要があります。

 

 

「〇〇の箇所が間違っているから×」など根拠を示して答えていくのが

良いと思います。

実際に正答率が上がってくるのは12月以降だと思います。

生徒によっては1月に入ってから急に伸びてきて、合格する受験生も

非常に多いです。

 

赤本の点数は最初は低くても心配しないこと。

それよりも行った赤本の問題の見直しをその日に行う事。

最後まであきらめず、暗記と復習を詰めていきましょう。

 

ただいま藤井セミナーでは入塾説明会を

行っております。

入塾説明会の申し込みはこちらから

 

————————————————-

偏差値40から関関同立への逆転合格!
藤井セミナー 明石教室

JR明石駅 山陽明石駅 徒歩3分
国道2号線沿いの魚の棚商店街手前

TEL:078-915-1633

関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学

————————————————-

おすすめの記事