受験生の皆さま、お疲れ様です。英語入試で時間が足らず、速読力が必要と感じたら、、、
藤井セミナー伊川谷教室を知りたい方は、こちら👈をクリック★

 

受験生の皆さま、連日の入試お疲れ様です。3月の後期日程を受験する生徒は、まだまだ踏ん張りどころですよね。ただ、ほとんどの受験生にとって、だいたいの結果は出たんではないでしょうか?藤井セミナー伊川谷教室へも新浪人生からの説明会への問い合わせがありました。なので今回のブログは新浪人向けに書きたいと思います。

新浪人生向け説明会👈をクリック★

 3/4(木)17:00~、3/13(土)17:00~3/19(金)17:00~3/26(金)17:00~

                                                 

 

さて、実際に入試問題を解いてみてどうだったでしょうか?特に英語の入試時間は十分足りましたか?

もし時間が足りなかったと感じたならば今回の記事は絶対に読んでください。英語で高得点を狙うには、この一年間で「速読力をどう向上させるか?」が一つのキーワードになります。

藤井セミナーの強みは、「長文の速読力を鍛える」という事ではないでしょうか。実際に生徒のアンケートを見ると、「長文授業に特化している」と言うのが藤井セミナーを選んだポイントとして挙げてくれています。

志望大学は人それぞれですが、受験生にとって、英語長文は大きな壁ではないでしょうか?特に関西圏では、関関同立の英語の入試問題は、英語長文の割合が高くなっています。偏差値的にも合格するのが難しい大学と言われていますので、これらの大学に興味はあるけれど、難しいから無理!と最初から諦めている生徒もいるかもしれません。でも、そうやって諦めてしまうのはとても勿体ない!!特に浪人生はあと1年チャンスがあります。今年の結果に不本意だったとしても、今の学力なんて関係ありません。

ですが、ただこれから1年間、頑張るっていっても、何を頑張るのかいまいちピンとこないですよね。それに、受験勉強には効率が大切です。特に去年あんまり頑張り切れなかったなあと感じている浪人生なら尚更です。英語を効率的に学ぶために、藤井セミナーでは予習は一切不要です。予習は勉強ができる生徒でも、できない生徒でも時間がかかってしまいます。英語の予習で、分らない単語を調べるだけでも一苦労です。だから藤井セミナーでは予習はせず、長文の授業で解説をさっと済ませて、授業後の復習をしっかりとやってもらいます。1週間単位で、明確に頑張る事を指し示します。

そして、戦略を立てる事も重要です。入試から逆算して、現在は、何を、どれだけやって、いつまでに何周まわす!という戦略を立てましょう。特に英語だけではなく、暗記系の社会にはスケジューリングは絶対に大切です。

藤井セミナーでは、そういった戦略を立てる時に、関関同立に合格した過去の生徒の成績データ自分の成績データを照らし合わせて、自分の努力を客観的に見ることから考えていきます。このようにして、藤井セミナーで偏差値40から勉強を始めて、難関大学に合格してきた人がたくさん居ます。

 

★では、藤井セミナーの英語の勉強方法はどんなの?

同時通訳式の音読復習をしっかりとやってもらいます。まず前提として英語の勉強では、他の教科と違って、文章が読めない教科です。英単語を知らなかったり、文法が日本語と違ったりするので仕方がありません。自分の知らない事を自分の力だけで進めようとしたら時間がかかるのは当然です。だから、予習中心だと、時間がかかって効率が悪くなるのは分かりますよね。例えば習い事でもスポーツでも、初心者から自分一人で始めようとしたら時間がかかります。ですが、最初はコーチや先生に教えてもらって、それから自分で繰り返し練習すれば効率的です。もちろん、習得していくには時間がかかります。しかし、英語は、経験値を上げていけば、練習(勉強)時間は圧縮されていきます。なぜなら、しっかりと長文を復習を何度も繰り返し音読していくうちに、英文で必要な単熟語や文法なども覚えていくからです。勉強をすればするほど、かかる時間は減っていきます。

こうした理由から、復習中心の勉強は効率よく進められるのです。

 

★音読って本当に効果があるの?

英語に限らず語学を勉強する上では、音読が非常に大切です。小学生のとき、私たちは最初は日本語を上手に使うことができませんでしたよね。教科書を声に出して、みんなで読んだのを思い出してください。声を出して文章を読むことで、たとえその意味がよく分からなくても、何度も文章を読むうちに、正しい言葉遣いを覚えることができたと思います。だからこそ、小学校の国語の時間で教科書の音読をしたのです。

英語も同じです。最初は例え意味が分からなくても、まずは音読します。するとだんだんと意味がわかるようになってきます。内容が理解できてきます。このように音読での勉強方法では、薄くペンキを塗るイメージで、少しずつ完成に近づきます。声に出して正しい英語を音読する事で、語彙などの新しい知識を身につけることができ、非常に効率よく復習を進めることもできます。

そして、浪人生なら、授業後にすぐ復習した方が効率が良い事は、身に染みていると思います。名谷学園都市西神南西神中央に住んでいる人は、やっぱり塾は地元の方が良いと考えているかもしれません。しかし、通塾に電車を使うという事は、1日のうちに必ず復習する時間が取れるという事です。

例えば、名谷からだと7分、西神中央からだと5分で伊川谷駅に着きますが、『この間に絶対に2回長文を音読する』とか(電車の中では、さすがに声を出すのは恥ずかしいと思うので、自分に聞こえる程度に抑えても大丈夫です。)『藤井セミナーオリジナルの単熟語カードを使って、速いスピードで暗記の確認をする』とか、、、たった数分ですがテーマを決めて勉強をすれば、実はメリットも多いのです。この小さな積み重ねが合格へとつながっていくのです。

 

音読の効果は実際にやってみないと実感できません。いくら効果があると言っても、嘘だろと思われればそれまでです。実際の生徒のアンケートの回答をいくつか載せますので、ぜひ読んでみて下さい。

[音読復習について、どう思いますか?]

・かなり効果あり・どちらともいえない・効果はなかった

というアンケートでは、一人は無回答三人は「どちらともいえない」で、それ以外の全員が「かなり効果あり」に丸を付けています。

[入塾する前と比べて、どれくらい読むのが速くなりましたか?]

というアンケートでは、

入る前は、長文などあまり読まなかったけど、入塾当時、内容理解することすらちゃんとできなかったけど今はほとんどわかってきた。

単熟を覚えると自然と速くなって長文も読めるようになった

時間に余裕を持って問題を解けるようになった。

スピードに関してはかなり速くなったと思う。

品詞分解するクセをつけれるようになり、速さも前より1.5倍くらいは早くなったと思います。単熟をしていたのも相まって、かなり訳せるようになった。

入塾前は分かりませんが、入塾後は龍谷であれば20~40分のこし、立命館は約20分のこせるようになった。

どれくらい速いかはわかりませんが、学校の授業の英文がとてもかんたんに読めるようになりました。

長文の内容を理解できるようになった。

前は英語が記号みたいに見えてめっちゃ遅かったけど(大体30~60分)。今は15分か遅くても20分で読み終わるから問題も解けて正答率も上がった。     などなど。

実際の回答をそのまま書いたので誤字脱字は直していません。模試を受けた生徒から「時間が足りなかった」とよく聞きます。でもそういう生徒は、速く読む練習をしていません。というか、その練習方法が分からないのでしょう。学校の授業では、英文の解説はするでしょうが、速読力がつく練習方法は教えてくれませんよね。時間が足りなければ速く読む、速読力を付ける対策が必要です。

どの大学を目指しても、英語は重要なので、やることは一緒です。大学でも英語の授業は必修科目としてあります。何事もそうですが、どのレベルを目指しても、練習に手を抜くことはしないと思います。英語も同じで、正しいやり方で地道にコツコツと、コマ切れ時間を見つけて継続していけば、知らない間に英語力は付いていきます。

さあ、いかがでしょうか。これを読んで、少しでも藤井セミナーに興味を持っていただければ幸いです。

今の成績は関係なし!関関同立や産近甲龍などに合格した藤井セミナーの先輩がたくさんいるから、その人たちの成績と自分の成績データと、照らし合わせて進路指導ができて、具体的にどれだけ頑張ればいいか一目瞭然!

 

藤井セミナーのホームページ

合格体験談

藤井セミナーが対象とする高校生
①今は勉強(特に英語)が苦手だけど、関関同立ぐらいに行きたい高校生
②英語をさらに得意にして、関関同立に確実に受かりたい高校生
③まだ自信がないから、とりあえず産近甲龍と考えている高校生
④理系、看護系、保育教育系で、英語を得意にして得点源にしたい高校生
⑤国公立狙いだけど、苦手な英語だけ利用したい高校

◇藤井セミナーに通う生徒の主な高校
《公立高校》
伊川谷北高校、須磨東高校、星陵高校、北須磨高校、高塚高校、友が丘高校、舞子高校、伊川谷高校、兵庫高校、長田高校、夢野台高校、明石高校…など。
《私立高校》
滝川高校、滝川第2高校、親和女子高校、海星女子高校、松蔭女子高校、神戸国際高校、育英高校…など。

◇地下鉄での藤井セミナーへのアクセス
西神中央駅から5分、西神南駅から2分、伊川谷駅から0分(駅構内にあります)、学園都市駅から2分、総合運動公園駅から4分、名谷駅から7分、妙法寺駅から9分、板宿駅から12分、新長田駅から14分、長田駅から17分、上沢駅から18分、湊川公園駅から20分、大倉山駅から22分、県庁前駅から24分、三宮駅から25分、新神戸駅から27分、谷上駅から35分

◇合格実績のある大学
《私立大学》慶応大学、早稲田大学、上智大学、同志社大学、関西学院大学、立命館大学、関西大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、学習院大学、法政大学、甲南大学、近畿大学、京都産業大学、龍谷大学、神戸女学院など。
《国公立大学》大阪大学、九州大学、北海道大学、神戸大学、筑波大学、兵庫県立大学、神戸市外大、千葉大学、熊本大学、大分大学、岡山大学、信州大学、山口大学、滋賀大学、高知大学

試験形態よりも、まずは英語長文の速読力!
英語は、文系も理系も勉強方法に変わりはありません。文系でも理系でも、同じ模試を受けて、同じ共通テストを受けるからです。また、テストの形態がどうかわらとも、英単語を覚えて、英語長文を速く読める受験生が有利なのは変わりありません。
逆に、テストの形態ばっかりを気にして、英単語を覚えずに、英語長文を速く読む練習をしなかったらどうなるか、想像できると思います。実際、藤井セミナーの生徒たちは、英語長文に絞る勉強方法で頑張って、対策はしなくても英検の準1級や共通テストでほぼ満点を取ってきています。

開講科目
《高校生と浪人生》英語(週2回×2時間)
《高3と浪人生》世界史、日本史、現代文、古典を選択制で受講。

詳しくは、資料をお渡ししながら説明をさせてもらいます

おすすめの記事