とある教室長の大学受験(浪人生編)【加古川教室】

藤井セミナー加古川教室長の木下です。

 

 

さて今回はとある教室長の大学入試(浪人生編)を

書いていこうと思います。

もし、現役生版をまだご覧になっていない人は

こちらの記事を先にお読みください。

 

前回の現役生編から結構間が空いてしまいました。

本当はもっと早くにアップする予定だったのですが、

記事がなかなか進まなかったため、この時期に

なってしまいました。

 

 

さて、今現役生は大学入試をどのように

考えているでしょうか?

藤井セミナー加古川教室には加古川・姫路地区から

加古川西高校・加古川北高校・加古川南高校・東播磨高校・

播磨南高校・高砂南高校・高砂高校・明石清水高校・

明石南高校・明石西高校・明石城西高校生などが

在籍しています。

 

この中でも指定校推薦ですでに進路を決めた人、

公募・AO入試を受ける人、一般入試を受ける人など

いると思います。

また、もし浪人したらどうしようかなど

考えている受験生も多くいると思います。

 

以下に書く内容は、とある塾のとある教室長の

浪人時代の大学受験の経験談です。

 

参考にしてください、とは言いません。

過去に体験した大学入試の事を思い出していくのも

大事なことだと思いますし、

今回は浪人生編です。

 

かつて浪人生だった人の話を聞く機会はなかなか無いと

思うので、改めて振り返っていきたいと思います。

それでは、いきましょう。

 

 

 

 

 

(1)浪人時代の幕開け

前回の続きからになってしまいますが、

甲南大学生になるのが良いのか?

それとも自分の志望校であった

関西学院大学を受験するために、浪人をするか?

を最後まで迷っていました。

普通に考えたら、多分ほとんどの人は大学生になる事を

選ぶと思います。

ただ結果的に4月、私は晴れて「大学生」ではなく

「浪人生」として春を迎えることになりました。

 

 

 

 

(2)早速塾探しをすることに

宅浪という選択肢は無かったので、塾を探す

ところから始めました。

塾を探していた時に、新聞の広告に入っていたのが

そう、何を隠そう「藤井セミナー」のチラシ

だったのです。

そして、電話で説明会への参加申し込みをして、

三宮教室へ入塾説明会を聞きに行って入塾しました。

 

 

 

 

(3)藤井セミナーを選んだ理由って何?

説明会を受けて藤井セミナーを選んだわけですが、

他にも大手塾も見ていました。

映像授業を行っている予備校や、大手予備校など

も説明会に行ったのですが、

最終的に藤井セミナーを選択したわけです。

 

なぜ選んだというと以下の理由になります。

①予習無しの授業で復習重視

→勉強時間をたっぷりと取ることが出来る

②全国の藤井セミナー生とランキングで勝負できる

→勉強に対するモチベーションアップ

③何といってもお月謝が安い

→月謝はアルバイトをして払わなければいけなかったので

これは助かった。

 

勉強というのは自分でやらなければいけないと

思っていたし、特に浪人生という事もあり、

徹底的に勉強をしたかったので選んだような気がします。

さて、「浪人生時代」の幕開けとなります。

 

 

 

 

 

(4)浪人生活がスタートしたが。。。

さて4月に藤井セミナーへ入塾して、

「浪人したから最初からゴリゴリ勉強してたんだよね?」

と思われている人も多いかもしれません。

最初はほとんど勉強していなかったような気がします。

 

4月・5月あたりはまだ私自身、浪人生としての自覚が無く、

勉強に集中していなかったのでは無いかと

当時を振り返って思います。

本当にフラフラしていたと思います。

 

 

 

 

(5)浪人生としての意識が変わった6月

浪人生としての意識が変わったのは、6月に入る前くらい

だったと思います。

藤井セミナーでは、毎週全国ランキングというものが

存在しています。

これは、実力テスト・復習テストの点数を最新3週分の

合計点数を出してランキング化する制度です。

 

これは、勉強するときのモチベーションにつながると考えています。

 

なぜ、6月に勉強の認識が変わったかというと

浪人生クラスはこの当時AクラスとBクラスがあり、

このランキングに沿って、復習テストの点数に

課題のある生徒をBクラスにするという

クラス編成を行っていました。

 

そのBクラスに私が入ってしまったのです。

言い換えれば、ほとんど勉強もせずフラフラしていたので

復習テストも点数を取ることが出来ないという状況で、

AクラスからBクラスに落ちてしまったという事です。

これには自分自身ものすごく焦りました。

この6月でBクラスを抜けるために勉強をしました。

ある意味、勉強のやる気スイッチがこの段階で

入ったという感じです。

 

さて6月末、復習テストも点数が取れ始めたので、

またAクラスへ戻って授業を受ける事になりました。

ランキング制度があることで、勉強に対する

モチベ―ションに繋がったと思います。

 

 

 

 

(6)全国ランキングを意識し、点数が取れ始めた7~10月

さてAクラスへ戻って授業を受け続けていたわけですが、

明らかに実力テストなどの点数が良くなってきました。

これは、復習テストももちろんですが、月に1回ある

英単熟語一斉テストや文法構文テストで

塾の基準である「最低80点以上」を

軽くクリア出来てきたからだと思っています。

 

この点数をクリアすることで、着実に英語の実力を

上げていくことが出来ました。

 

10月には、全国ランキング上位に名前を載せることが出来る様に

なってきていました。

 

浪人生として4月から勉強を始めて半年経った段階で

物凄く英語の実力が上がったなと実感できました。

 

 

 

 

 

(7)11月のエール模試で自分でも見たことが無いような偏差値を取る

11月に入って、毎年エール予備校さんが開催している

「関関同立模試」を受けに行きました。

これは、高校生の皆さんが受験する「進研模試」よりは

受ける母体が主に関関同立志願者で構成されているため、

より正確な点数や偏差値が出やすい模試となっています。

藤井セミナーでも毎年オススメしている

模試です。

 

この模試で、英語と世界史の偏差値が70を少し超える

ことが出来ました。

 

この偏差値70というのは、現役生の時には

とてもではありませんが考えられない数字でした。

となると、勉強はここまで順調に行っているわけですから

後は志望校の過去問を解きまくって、

徹底的に対策をするのみとなります。

 

 

 

 

(8)赤本(過去問)を詰める12月

赤本を詰める12月とは書いていますが、すでに10月末から

少しずつ解いてはいました。

 

また藤井セミナーでは8月末から月に1回

「赤本大会」も開催しております。

赤本大会の内容に関しては↓の記事を参照。

12月に入って本格的に過去問を解く必要があった為

解いては見直し、復習を進めていきました。

 

さて、クリスマス・年末年始と世間はお祭りムードでは

ありましたが、そんなものは受験生、特に

浪人生には関係ないぞという気持ちで過ごし

いよいよ私立入試、スタートとなりました。

 

 

 

 

 

(9)2月、私立入試開幕

1月の中旬に開催されていたセンター試験は受験

しませんでした。

なぜなら私立大学のみ受験する私にとって

センター試験を受けるメリットが全くなかったからです。

 

これは戦略です。受験する必要もない、対策も

一切していない試験をわざわざ受けに行って

変な点数を取って落ち込んだり、風邪や

インフルエンザを移されたらそれこそ本命とする

2月の私立入試を万全の状態で受験することが

出来ないと考えていました。

なのでこの日は家でゆっくりしておりました。

 

 

さて、2月1日からいよいよ私立大学の入試が

始まりました。

第1志望を同志社大学、第2志望を関西学院大学に

設定して受験をしました。

滑り止め大学を受けることはありませんでした。

今思えば相当リスキーなことをしていたなと思いますが、

現役生の時に合格していた大学をわざわざ受けに

行く必要はないと当時は考えていたので

この背水の陣の戦略を取りました。

 

全日程が終了した時の爽快感・達成感は

今でも覚えています。

結果としては同志社大学の経済学部に合格したため、

これで浪人生時代は終了となりました。

 

 

 

 

(10)最後にこれを読んでいる皆さんへ

さてどうでしたでしょうか?

 

浪人生時代を思い返しながら文字を打ち込んで

いましたが、浪人生時代に戻りたいかと言われれば、

「二度と戻りたくない」と答えます(笑)

もしこの記事を読んでいる人の中で、浪人が決定したら、

藤井セミナーの説明会へ来てください。

勉強の相談などいたします。

説明会の申し込みはこちらから

 

 

次回は浪人時代の生活サイクルなどを

お伝えしていこうと思います。

以上です。

 

 

---------------------------------

偏差値40から関関同立への逆転合格!

藤井セミナー 加古川教室

JR加古川駅 南に出て徒歩3分

まるいビル3F

(ベルデモール商店街ケンタッキーの横のビル)

TEL:079-420-6607

関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学

-----------------------------

受験生の悩みの関連記事
  • とある教室長の浪人時代の生活リズムについて【加古川教室】
  • 勉強に迷ったら、科目別に内容を「細分化」しよう【加古川教室】
  • とある教室長の大学受験(浪人生編)【加古川教室】
  • 「4月から勉強やろう」は「バカやろう!?」【加古川教室】
  • 新3年生(受験生)の皆さんが今、考えなければいけない事【加古川教室】
  • 受験当日、何を意識すれば良いか?【加古川教室】
おすすめの記事