勉強に迷ったら、科目別に内容を「細分化」しよう【加古川教室】

藤井セミナー加古川教室長の木下です。

 

 

 

最近は今年受験生になる新高校3年生を対象に記事を書いています。

今回も早慶上智・関関同立・産近甲龍・同志社女子や

京都女子、武庫川女子大・医療大などの私立大学を

志す新高校3年生、いや「受験生」を対象に書いていこうと思います。

 

 

今回の内容は、「何を勉強すれば良いか分からない」という

受験生向けとなっています。

4月に入ったらいよいよこの記事を見ている高校生の

大半は「受験生」という身分になるわけです。

その時にほとんどの受験生が考えるのが、

「まず何を勉強すれば良いのか分からない」

という事です。

 

説明会でも詳しくお伝えいたしますが

ここでも詳しく分解して説明していこうと思います。

説明会の申し込みはこちらから

 

 

 

 

 

Ⅰ.まず勉強しなければいけない事って何?

実は一般入試で私立大学を志す受験生にとって

勉強しなければいけない内容というのは

ある程度決まっています。

それは、科目で言えば

・英語

・国語

・社会科目(日本史・世界史) or 数学

です。

 

この科目をそれぞれ細分化していけば、

勉強しなければいけない内容が分かるため

目標を立てて勉強を進めやすくなります。

 

次に勉強しなければいけない内容を

科目別に細分化してみていこうと思います。

 

 

 

 

 

Ⅱ.各科目別に勉強しなければいけない事を分ける

(1)英語編

まず私立大学を志す受験生にとって大事な科目に

なってくるのが「英語」ですよね。

早慶上智・関関同立・産近甲龍や女子大など

ほとんどの大学入試では全得点に対して

英語のウェイトを高く設定している場合が

多いので、まずは英語を勉強する必要があります。

 

そして全受験生にとって英語の勉強でつまずくのが

「英語長文」ですね。

先ほど全得点に対して英語のウェイトを高く設定していると

書きましたが、英語の試験問題で言えば、この英語長文の

ウェイトが非常に高くなっています。

 

なので、まず英語科目を攻略していくためには、

英語長文を得意にする必要がありますが、

これは藤井セミナーで週2回の英語長文の授業を

受けて徹底的に音読復習を続けていけば

得意になります。

 

藤井セミナーでの英語長文の復習や勉強については

説明会でしっかりお伝えいたします。

説明会の申し込みはこちらから

 

英語長文は授業で対策を行っていきますが、

英語を勉強すると言っても全体の勉強量で考えた時に、

約60%以上は暗記をする必要があります。

それは英単語・英熟語・英文法構文です。

暗記が苦手だという受験生はこの記事を参照ください。

 

大体英単語・英熟語に関しては

・英単語→最低2000単語

・英熟語→最低1000熟語

を覚える必要があります。

 

最近の試験傾向では、これでも少な目という事なので

最低限これくらいの量は暗記をする必要があります。

暗記の仕方や勉強の習慣づけに関しては

説明会でもお知らせいたしますが、

とりあえず英語が苦手な人はこの英単語と英熟語の暗記を

重点的に進めていくようにしましょう。

藤井セミナー加古川教室では勉強の習慣づけを

「勉強進捗表」という形で進めていきます。

 

なので英語は、

・英語長文

→藤井セミナーの授業を受けて音読復習をすることで

英語長文に対する苦手意識を無くし、得意にする

・英単語、英熟語、英文法構文の暗記

これが基礎となってきます。

 

後は10月末から各々の志望校に合わせて、

赤本(過去問)を解いていきます。

赤本(過去問)をどのタイミングでするべきなのか?に

関する記事はこちら↓↓

 

 

(2)社会科目(日本史・世界史)編

次に社会科目ですね。

日本史か世界史を2年生の時に高校で選択したと思います。

社会科目に関しては前提として考えるべきなのは、

全勉強量に対する暗記の割合がほぼ100%である、

という事です。

つまり社会科目に関しては、

「出来る、出来ない」「苦手、得意」

の話ではなく、

「暗記したか、してないか」

この次元の話になってきます。

 

暗記をすれば点数が取れるため社会科目に関しては

得意だと感じるようになるし、逆もしかりです。

 

極論を行ってしまえば、高校の授業で配られる

・山川出版社の教科書

・資料集

この2冊を徹底的に前から暗記をしていけば、

日本史・世界史に関しては点数が取れるため得意になりますが、

その暗記量はめちゃめちゃ多いです。

 

ちなみに藤井セミナー加古川教室では、

4月から日本史・世界史の授業も週1回行います。

これについては、入塾者に対してお手紙で

お伝えいたします。

効率良く暗記と復習を行っていくため、

毎年人気の講座となっています。

なので社会科目に関しても、授業を受けて効率よく

復習を行い、10月から志望校の赤本を解いて見直し、

転記作業を行います。

 

(3)国語(古典と現代文)編

古典に関しては、全勉強量に対する暗記の度合いが

ほぼ80%くらいになります。暗記する内容としては、

・古典単語:約600単語前後

・動詞や助詞、助動詞などの活用

となります。

 

英語に比べれば、暗記する範囲は限定的です。

また問題形式も過去の物語からの出題となるため

これもある程度は限定されます。

 

なので、サッと古典単語を600個覚えてしまって、

活用や文法を学校の授業で習ったところを復習したら、

次は、赤本(過去問)を解いていきましょう。

もし、暗記が順調にいかないなと分かった場合でも

藤井セミナー加古川教室では、

古典の授業も6月から開講予定です。

ぜひ、ご利用ください。

 

また現代文に関しては、全勉強量に対する暗記の割合が

ほぼゼロです。しいて言うなら漢字の書き取りくらいだと

思います。

 

ですので暗記の割合がほぼゼロという事は、

日本語が読めるか読めないか、ないしは

その問題を解く事が出来るか出来ないか?

という次元の話になります。

 

もちろん、現代文にも解法というのは存在するため

ある程度は理解しておいて欲しいのですが、

英語や社会科目のように、暗記にほぼ頼る事が

無い為ある意味でセンスが問われる場合が多いです。

現代文に関しては、解法を知ってあとは志望校の赤本(過去問)を

解いていく、このような流れになります。

 

 

なので暗記の割合がある程度高くて、サボってしまうと

あとで取り返しのつかないことになってしまう

英語や社会科目に比べると優先順位は若干低くなります。

 

まずは習得するのに時間がかかり、かつ暗記の割合が高く、

大学入試でも配点が高くなる英語科目で必要とされる、

英単語や英熟語の暗記、英語長文音読の復習を行い、

次に日本史や世界史などの社会科目といった順番に

なります。

 

 

 

 

 

Ⅲ.最後に

新高校3年生(受験生)にとって、これから受験勉強をスムーズに

行っていくためには、この2月から意識して勉強を

開始する必要があります。

4月から勉強を始めるデメリットを以下の記事に書いています。

↓↓↓

 

 

まずは暗記の割合が高く、かつ試験での配点が非常に高くなる

英語を得意にする必要があります。

 

ただいま藤井セミナー加古川教室では説明会も行っております。

説明会の参加申し込みはこちらから

以上です。

それでは引き続き暗記と復習を頑張っていきましょう。

 

 


偏差値40から関関同立への逆転合格!

藤井セミナー 加古川教室

JR加古川駅 南に出て徒歩3分

まるいビル3F

(ベルデモール商店街ケンタッキーの横のビル)

TEL:079-420-6607

関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学

-----------------------------

受験生の悩みの関連記事
  • とある教室長の浪人時代の生活リズムについて【加古川教室】
  • 勉強に迷ったら、科目別に内容を「細分化」しよう【加古川教室】
  • とある教室長の大学受験(浪人生編)【加古川教室】
  • 「4月から勉強やろう」は「バカやろう!?」【加古川教室】
  • 新3年生(受験生)の皆さんが今、考えなければいけない事【加古川教室】
  • 受験当日、何を意識すれば良いか?【加古川教室】
おすすめの記事