2021年 関関同立の現役合格者には共通点が!

関関同立の合格者の多くは、部活を頑張っている人でした!
六甲アイランド高校で10月までラグビーをして同志社合格
神戸弘陵で1月までサッカーの全国大会に出ていて同志社合格
星陵で秋までラグビー部のマネージャーで、同志社合格
・葺合高校でダンス部バレー部テニス部バスケット部で同志社や関学に合格
県立芦屋でテニス部で同志社や関学に全勝で合格
・御影高校で剣道部で関学に合格
・鈴蘭台高校でダンス部で関学に6学部合格
伊川谷教室と三宮教室は同じスタッフで運営していて振替授業も可能です(青字をクリックすると合格体験談に飛びます)

現役で関学や同志社大学に現役で合格した勉強のやり方には、共通点があります。
これらの先輩たちの勉強方法をマネをしたら、学年で最下位レベルからでも、偏差値が30や40レベルでも、関学や同志社に現役合格ができます

関関同立に合格する勉強方法
①予習はやらない!復習(アウトプット)中心の受験勉強!
②配点の高い科目から勉強をする
③細切れ時間を活用!
④映像授業は使わない!(効率が悪いし、強烈なモチベーションも出ない)
⑤ライバルを作って毎週毎週、数値化して切磋琢磨!

①予習はやらない!復習(アウトプット)中心の受験勉強!

「勉強」と一口に言っても、その目的は色々です。
高校の勉強、受験勉強、大学の勉強…、それぞれ目的が違います
だから、やり方が変わるのです!

高校の勉強… 教育基本法に書かれている目標があり、読んだ印象では「人間形成」という感じ。

大学の勉強… 解答がない事も勉強の範囲に入ります。たとえば経済学部のあるゼミでは『脱炭素社会でガソリン車を全て廃止にしても日本経済は息生き残れるか?』とか、いくら勉強して考えても、解答はありません。

では、受験勉強は?
受験勉強は、大学に入学する許可をもらうための勉強です。そして、それぞれの大学は配点が違います。例えば、英国社の順番で、同志社と関学は200点、150点、150点、関大は200点、150点、100点、立命館は120点、100点、100点。産近甲龍もまた配点が違います。さらに、分量も違えば制限時間も違います。そういった試験で、高得点を出して入学許可をもらうために頑張るのが受験勉強です。また英検のように何点以上は全員合格…という試験でもありません。だから…

「制限時間のある試験で人より点を取る!」

ということが目的なのです。まるでアスリートのようです…。
受験勉強は時間制限がある!というのが最大の特徴なので、スピードを鍛えなくてはなりません。だから、スピードを鍛えるのには何をすればいいか?と考えてください。

スピードを鍛えるのに…
・予習は役に立ちますか?
・映像授業を見まくるのは効果はありますか?
・個別指導は?(試験は全員で受けますよ!)

どれも全然関係ない事をしているのです。

受験勉強で一番大事なスピードを鍛えるには、繰り返しの反復練習しかありません。
これは、ギターでもピアノでも、野球でもサッカーでもテニスでも柔道でも同じです。

しっかりと、勉強の目的を持って、やり方を選んで徹底していきましょう!
それなら、復習中心で頑張ることが一番効果的なのです。

②配点が高い科目から勉強をする

配点が高い科目を得意にしたら、入試ではかなり有利だ!…と、思いませんか?
私学文系で、関関同立やGMARCHや慶応や早稲田や上智を目指すなら、一番配点が高い科目が「英語長文」になります。これは国公立でもそうなります。

例えば、同志社や関学なら、英国社の配点は200点、150点、150点です。そして、英語の8割ぐらいが長文からの配点です。そして、国語は現代文75点、古典が75点です。
配点が高い順に並べたら、こうなります…
・英語長文 160点ぐらい
・社会    150点
・古典   75点
・現代文  75点
・英語のその他 40点ぐらい

国語と言っても、実は現代文と古典なのです!
こう見ると、どう考えても、英語長文と社会を徹底的にして、配点が高い分野を得意にした方が、断然有利になります。

この鉄則を徹底させるのです。
そしたら、だんだんと英語と社会の勉強が楽になってきて、時間がかからなくなります。
そしたら、次は「暗記」でかなり高得点が狙える古典を頑張ります。
こうやって勉強しているうちに、自然と頭もよくなり理解力もアップします。
そこで、現代文は受ける大学を絞って、過去問題でその大学特有の現代文に慣れれば、かなり得点力はアップします。模試ができなくても、受ける大学の現代文ができたらOKです。

この作戦を徹底させてください。
そしたら、高2まで関係代名詞の存在すら知らなくても、英語の偏差値が30や40でも、学年で最下位クラスからでも、運動部で頑張りながら関関同立やGMARCHや、さらには慶応・早稲田・上智にも合格できます!

③細切れ時間を活用!

「②配点が高い科目から勉強をする」を実行するには、まずは、細切れ時間のフル活用が非常に重要!

英語の長文を得意にするには、最低2つのことを頑張る必要があります。この2つさえ頑張ったら、それだけで英語長文が得意になって、英語自体の成績がアップします。
・単熟語の暗記
・英語長文の音読復習

藤井セミナーで部活をしている生徒は、この2つを細切れ時間をフル活用して実行して継続しています。

逆に、そうでなかったら1月3日までサッカーの全国大会出場で部活をしていて、1ヶ月後の試験で同志社に合格!…とかできません。

細切れ時間の活用とは、通学途中のバス停でバスが来るまでの3分間、満員電車に乗っている間の15分間、学校の休み時間の10分間…などを活用するのです。普段は長く感じて苦痛な満員電車の15分でも、集中して単語を覚えたら、すぐに駅に着きます。

英語長文も、1つの長文が800単語ぐらいあっても、細切れ時間で1つのパラグラフごとでも復習ができます。目的は読むスピードをアップさせていくことなので、しっかりと理解した長文を何回も読んで、速く読めるようにするのが効果的です。予習をいくら頑張っても、いくら映像授業を見まくっても、速く読む能力は身に付きません。

そして、速く読めるには、まずはその英語長文を理解しなくてはならないのです。その「理解」をするためのメモを取っていくのが授業です。なので藤井セミナーでは、最低必要な授業は行います。

そして、同じ授業を受けるなら、その前に、その長文が実力でどれだけできるか時間を計って測定をして、他の人と比べて自分の今の位置や力を把握していくべきです。そして、できない所、わからなかったところを授業でメモをして、それを速読練習に使っていきます。

みんなと同じ条件で予習なしで取り組んだ英語長文の点数は、常にライバルたちと比較して、切磋琢磨する意識が、自分を高めます。

細切れ時間の活用や、常に毎回自分の実力を確認してライバルと比べて切磋琢磨する…ということは、「予習」や「映像授業」や「個別指導」では、全くできないことなのです。

大学入試のための勉強は、常に本番を意識して、そこから逆算をして組み立てるべきです。
試験の本番の特徴は…
・同じ場所で同時に大勢で受ける
・試験には制限時間がある
・試験前に予習はできない
・試験では緊張する!

藤井セミナーの勉強方法や授業は、本番の試験にしっかりと対応するために考えられたものなのです。

④映像授業は使わない!(効率が悪いし、強烈なモチベーションも出ない)

実は、藤井セミナーに入塾する生徒の中では、毎年毎年、大手の映像授業を辞めてくる人が非常に多いのです。
辞めた理由をアンケートで聞くと、毎年同じような事を生徒は思っているようです…。
難関大学に合格した生徒がアンケートに書いた一部を紹介します

・とにかく眠い… これはほぼ全員が書いています。そもそもインプット型の勉強は眠いものです。しかもタブレットやスマホなどのデジタルデバイスの見過ぎは健康に悪いのです。長時間見ていると、かなり脳にダメージが蓄積されるようです。

・細切れ時間の利用ができない… 「部活で忙しいので細切れ時間の活用をしたいけど、それは全然できなかった」
・一人でやっててもおもしろくない… 
一人でブースにこもって映像を見続けるのは、やはり苦痛なようです…。スマホやタブレットの画面が好きな人は別ですが。
・周りがどれだけやってるか分からない… 周りの生徒がどれだけやってるか分からないから最初は「やる気」があっても、すぐにやる気がなくなる…。頑張るための刺激がない…。自分を客観視できない。
・制限時間がある試験に向けてのスピード訓練がない…
 科目を取って視聴するだけなので、授業を聞いてるだけでは制限時間のある試験に対応できない。
・受かる作戦がない①… 
「たくさん科目を取らされるけど、何をどれだけやったら、どの大学に受かるのか?の戦略が無い。ただ科目を取らされるだけ…。」
・受かる作戦がない②… 「何を優先的にやればいいかの戦略がなく、ただ、たくさん科目を取らされた」

毎年、映像授業や個別指導を辞めて、藤井セミナーの勉強方法に変えてからドン!と成績がアップして、難関大学に合格する生徒がかなり多いので、勉強方法の違いをしっかりと認識してやり方を選んでいきましょう。

⑤ライバルを作って毎週毎週、数値化して切磋琢磨

藤井セミナーでは、やった事はほぼ全てが数値化されてランキング化されます。これは毎週毎週、先週の結果が数字として出てきます。つまり、努力をした事は、すぐに数値化されて結果がわかるのです。

人間はみんな同じではありません。中には勉強が大好きで、アカデミックに取り組んだ結果、難関大学に合格する生徒もいるでしょう。でも、「受験」を「攻略」するべき物ととらえて、0.1でもたくさん点を取るゲームだと考えたら頑張る事ができる生徒も大勢います。これは、運動部や音楽系の部活の生徒には、取り組みやすい方法です。
そのために、藤井セミナーでは毎週毎週、全教室(9教室)のランキングと、クラス単位のランキングを作り、常に最新のデータ(先週の自分との比較)を生徒が確認できるようにしています。常に自分の位置を把握して、ライバルを作って切磋琢磨して頑張る環境が「やる気」を楽に引き出すのです。

「やる気が出ない」「やる気を出したい」なら、ライバルを作れば簡単にやる気が出ます。「やる気」を出したい人は、陰気に一人でこもって映像授業を見てても「やる気」なんか出ません。

人間は、ライバルがいたら自然と「やる気」を出すことは、120年前のノーマントリプレットによって実証されています。ライバルでなくても、横に人がいるだけで「やる気」が出て頑張ることが出るようです。この人間の性質を利用した方が、楽に「頑張り」を引き出すことができるのです。ここは、「そんなん、競争なんて大人げない…」なんて思っている場合ではありませんよ!この人間の性質を大いに勉強にも利用していきましょう!

藤井セミナーのホームページ

合格体験談

井セミナーが対象とする高校生
①今は勉強(特に英語)が苦手だけど、関関同立ぐらいに行きたい高校生
②英語をさらに得意にして、関関同立に確実に受かりたい高校生
③まだ自信がないから、とりあえず産近甲龍と考えている高校生
④理系、看護系、保育教育系で、英語を得意にして得点源にしたい高校生
⑤国公立狙いだけど、苦手な英語だけ利用したい高校

井セミナーに通う生徒の主な高校
《公立高校》
伊川谷北高校、須磨東高校、北須磨高校、星陵高校、高塚高校、須磨翔風高校、友が丘高校、舞子高校、伊川谷高校、兵庫高校、夢野台高校、明石高校…など。
《私立高校》
滝川高校、滝川第2高校、親和女子高校、神戸国際高校、育英高校…など。

◇地下鉄での藤井セミナーへのアクセス
西神中央駅から5分、西神南駅から2分、伊川谷駅から0分(駅構内にあります)、学園都市駅から2分、総合運動公園駅から4分、名谷駅から7分、妙法寺駅から9分、板宿駅から12分、新長田駅から14分、長田駅から17分、上沢駅から18分、湊川公園駅から20分、大倉山駅から22分、県庁前駅から24分、三宮駅から25分、新神戸駅から27分、谷上駅から35分

開講科目
《高校生と浪人生》英語(週2回×2時間)
《高3と浪人生》世界史、日本史、現代文、古典を選択制で受講。

詳しくは、資料をお渡ししながら説明をさせてもらいます

【関連記事はこちら】

【新学年が2月にスタート】大学受験勉強は2月から!

映像授業は脳を破壊する!?の科学的根拠・大学受験勉強は紙が一番!

【地下鉄 伊川谷駅までの時間】
地下鉄 西神中央駅から5分
地下鉄 西神南駅から2分
地下鉄 学園都市駅から1分
地下鉄 名谷駅から6分
地下鉄 妙法寺駅から9分
地下鉄 板宿駅から12分
地下鉄 新長田駅から14分

おすすめの記事