夏休みの勉強方法についての考え方【明石教室】

ただいま藤井セミナー明石教室では

入塾説明会を開催しております。

入塾説明会申し込みはこちらから


 

藤井セミナー明石教室長の木下です。

 

6月に入り、藤井セミナー明石教室でも緊急事態宣言が

解除されたので、対面授業が本日より再開しました。

 

 

さて、今回の内容は、「夏休みの勉強法」についてです。

少し時期は早いかもしれませんが、今年については、現高校3年生に

夏休みがあるかどうかは分かりません。

なので、どのような勉強・また過ごし方をすればよいか

書いていきます。

 

結局、何が起ころうとも、受験日程が同じ以上

やるべき事、原理原則は変わりません。

 

受験生にとって、夏休みは遊びに行くためだけにあるのではありません。

花火大会や海に行く必要は、ほぼありません。

 

夏休みは1年のうち、約10分の1に相当する期間です。

この期間に一生懸命受験勉強をした人と

遊んでいた、勉強していなかった人との差が

大きく出るところです。

夏を境目に勉強に対してや、偏差値で大きく「変身」する受験生が

多いのはこのためです。

 

夏休み前まで成績があまり良くなかった人にとっては、

夏休み期間の約40日間は正に「めぐみの雨」となり、

勉強も遅れを一気に挽回できるチャンスになる期間です。

 

与えられた機会をむだにすることのないよう、

受験の天王山である「夏」を制して秋以降の勉強に

弾みをつけていきましょう。

 

この記事では、夏休み期間に何をするべきかを

書いていきたいと思います。

 

 

 

(1)基礎の勉強を徹底的にする

部活動でもそうですが、自分の競技力を上げるために必要なのは、

基礎練習、つまり基礎を徹底的に行う事です。

これは勉強や受験勉強にも同じことが言えます。

基礎や基本が出来ていない受験生が、今後成績を上げていくことは難しいです。

 

これは特に成績の良くない人に言える事なのですが、

いわゆる「勉強のできない人」というのは、この基礎が圧倒的に

出来ていない人が大半です。

基礎や基本が出来ていないから、そもそもの初歩の勉強で

つまづいてしまっているので

勉強についていくことが出来ないし、勉強効率も上がりません。

 

 

この状態から抜け出すための方法は一つしかありません。

それは、各科目ごとに基本事項を徹底的に暗記をしていく事です。

 

具体的に書いていくと、

英語では英単語、英熟語、英語文法、英文法の暗記などが当たります。

英単語であれば2279単語、英熟語は最低1000熟語、

文法構文の構造と解説の理解などになります。

 

英語の実力を上げるコツは、まずは基礎の「暗記」が前提となってきます。

これがすべての基本になります。

 

古典で言えば、古典単語600単語くらいと基本文法です。

この二つの知識がないと古文を読解、理解することは出来ません。

 

社会科目(日本史・世界史)においては、まずは政治史の大きな流れを理解するのが基本です。

外交史や文化史は政治史と関連付けて理解することが重要となってきます。

社会科目の「基礎基本」というのは、山川出版社から出ている教科書の内容を

全部分かるかどうか、です。

 

科目ごとに基礎基本を洗い出し、その理解を徹底的に行っていけば、

自然に得点も偏差値も上がってきます。

今現段階で、成績が良くない人は、必ず実行するように。

 

 

 

 

(2)模試や夏期講習を利用する

①模試について

本番前の予行演習として、模擬試験つまり模試を利用することは

その模試の偏差値や判定は気にしない事、または

その受験した模試の復習と見直しを徹底的にすることが出来るなら、

良いことです。

 

何事にもそうなのですが、ある程度の「慣れ」を持つのは大きいです。

今回なら大学受験の話になりますが、同じ能力を持った人々が何か競争をする場合、

成功するには、訓練されているものとそうでないものとの差が大きく出てきます。

入試の場合も例外ではないです。

当たり前ですが「慣れ」ている者のほうが自分が持っている能力を

最大限に発揮できる場合が多いです。

 

 

話は変わりますが、もしこの記事を見ている受験生が大学生になれば、

TOEICやTOFELという英語の試験を受けることになります。

 

この試験は「慣れ」がものをいう典型です。

問題を解く速さに慣れていないと勝負にならないし、

高得点を取ることが出来ません。

 

入試の場合も、「試験勘」というものがあります。

部活動でいえば「試合勘」です。

試験そのものに対する慣れとかどの問題から解答していくかといった

実際の試験に対して訓練をしていく事です。

部活動における練習試合や紅白戦、記録会などでもそうですが、

これは実力が均衡している場合、何回も経験している、

場数を踏んでいる人の方が有利になってきます。

なので模試は積極的に受験することをオススメします。

 

 

②夏期講習について

次に夏期講習についてですが、自分一人で勉強の計画を立ててきちんとそれに

則って、実行できる人にはあまり必須のものではないかなと考えています。

勉強というものは孤独との戦いになってくるからです。

 

ですが、ここで考えなければいけない事は、

「本当に夏休みの1か月以上という期間を

1人で黙々と設定した目標に

沿って勉強することが出来ますか?」

という事です。

 

自分で立てた勉強計画を1ヶ月以上1人で予定通り遂行するのには、

かなりの精神力を必要とします。

藤井セミナー明石教室でも、日程は調整中ですが夏期講習を

今のところは行う予定です。

ぜひ利用して、この夏休みでさらに自分の実力をアップさせましょう。

 

 

 

(3)最後に

ここまで、夏期の勉強について書きましたが、

なぜこの早い時期に書いたかというと

序盤でも書いたように、今年の夏は受験生にとって変則的に

なる場合が多いからです。

ですが変則的になったとしても、例年と同じようにやるべきことは

変わりません。

 

簡単に夏休み中の受験勉強法について触れましたが、

とりあえずの受験勉強は12月一杯までが勝負なので、

しっかりと復習と暗記を継続して行っていきましょう。

 

以上です。

ただいま藤井セミナー明石教室では

入塾説明会を開催しております。

入塾説明会申し込みはこちらから

 

おすすめの記事