• 案内
    自由が丘教室 夏期講習
    2019年6月21日
  • 未分類
    自由が丘教室 新ブログです!
    2019年8月29日
  • 未分類
    ~自由が丘教室~
    2019年8月29日
私大が本当に難しくなって入りにくくなっているのか?

私大が本当に難しくなって入りにくくなっているのか?

----------------------------------------------------------

「明治に落ちて東大合格」すら普通という大異変

PRESIDENT Online

私立大学文系の受験がどんどん難しくなっている。たとえば「明治大学政治経済学部には不合格だったが、東京大学文科二類には合格した」という生徒も実在する。大手予備校講師の小池陽慈氏は「これからの受験生は旧来からの大学ヒエラルキーではなく、自分の学びたい勉強の分野や、注目している教授の講義がある大学を選ぶべきだ」という――。

「東洋×、早稲田○」「明治×、東大文2○」というミラクル
私立大学文系の入試が近年、異様なほどに難化している。

主な要因は、文部科学省の指導による大学入学定員の厳格化だ。各大学は定員よりも多い合格者を出した場合、一定の割合に応じて私学助成金がカットされるようになったため、大学側は合格者を絞るようになった。これが「異様なほどの難化」につながっている。

そして、この難化現象と並行するように、かつてはほとんど見られなかった合否事例を耳にするようになった。例えば、都内のある進学高校の男性教員は、今年の受験シーズンの終わり頃に僕にこう言った。

「ウチの学校で、駒澤大学には落ちたけど、立教大学には受かった子が複数人いて驚きました。逆に立教大学に十分合格できる実力の子が不合格で、駒澤に拾われたケースもありました。私文(私大文系)に関しては、正直、だれがどこに受かるのか、全然予想がつきません。こんな経験は教師になって初めてです」

また、僕とは異なる大学予備校に出講する知人の講師はLINEでこんなメッセージをくれた。

「あまり成績のかんばしくなかった生徒が案の定、専修大学がダメで、暗い気持ちになっていたんだけど、なんと明治大学には合格した! これは奇跡! 感動した!」

その他にも「東洋大学にすべって早稲田大学に合格」。さらには「明治大学政治経済学部には不合格だったが、東京大学文科二類には合格した」といったミラクルも起きている。

---------------------------------------------------------------------------------------------------------

ここまで引用

この記事だけでなく、去年もサンデー毎日等で横浜国立大学受かったのに明治に落ちた、とかいう記事がありました。

ここ数年こういった記事を使って各社各方面で、私大がより厳しくなっているのを煽っているのですが本当に私大は難しくなったのでしょうか。

合格点だけでみれば恐らく答えはYESでしょう。

例えば、明治の商学部
2019年 商学部|商学科 一般入試 私:267/350
2018年 商学部|商学科 一般入試 私:254/350
2017年 商学部|商学科 一般入試 私:252/350

例えば、青山学院大学の経済学部
経済学部|経済学科 個別A方式 私:264.0/350
経済学部|経済学科 個別A方式 私:257.0/350
経済学部|経済学科 個別A方式 私:252.0/350

また倍率はどうでしょうか

それぞれ明治大学の倍率
学部      倍率 募集人数 志願者数     受験者数 合格者
2019年商学部 6.4   485       8783       7661      1204
2018年商学部 6.8   485       8414       7472      1100
2017年商学部 6.7   450       8453       7483      1121

青山学院大学の倍率
学部         倍率 募集人数 志願者数 受験者数 合格者
2019年経済学部 8.6 230   4673       4055       474
2018年経済学部 10.2 230   5417       4811       471
2017年経済学部 8.3 230   4662       4143       501

青学も明治も2018年が実質一番難しかったのかもしれませんね。だけど、明治の商学部は2018年から募集人数は増えているし、今年に関しては1200人も合格しているのです。青学は元々合格者数が少ないのに地方の女子高生からの人気が凄いので倍率は高めです。

だけど、私達からすると10年くらい前から、いやむしろ私が大学に合格した直後から言っている事ですが、「頑張って勉強していたら早慶上智GMARCH関関同立のどこかに引っかかる」というのは、およそ、20年以上前の話です。

つまり、「大学を目指すといえば、とりあえず国公立!!」という全員が画一的な勉強していた時代の話です。

ですが、今は行きたい大学が細分化され、最初から青山学院大学に行きたいとか、法政大学や立教大学や中央大学 や 上智大学 や 学習院大学 や 明治大学 や 早稲田大学に行きたいとかそういう時代になりました。

なので、各大学の志望者による独自の対策が必要となります。

例えば、学習院大学なら漢字をやる必要があるのです。

早稲田なら現古漢融合文、慶應なら小論文、中央なら和訳、等々、第一志望で受験をする人達は今の時代東進の過去問ストックから社会は10年~20年分×4.5学部を当たり前にやるのです。

なので、各大学合格点は昔に比べると上がっているのですが、どれだけ真剣に退路を断って第一志望の赤本対策が出来るかが現役で合格できるかの鍵だと思います。

つまり、センター形式の勉強ばかりやっていても私大で通用するかどうかはわからない。

もちろん、甲子園を沸かせた奥川君やテニスのジョコビッチのように圧倒的な力が身につけば、どこでもどんな時でも結果は出るでしょう。

でも、毎年現役でギリギリの点数で合格するような人は、捨てるとことは捨てて(英作文なのか漢字なのかは人それぞれ)、何点取れば合格できるのか、例えば、英語150点社会100点国語100点の場合350点中250点をどう重ねるのか、英語は7割の105点から110点くらい、社会が90点取れてくると国語は50点で済むのです。

社会は再現度が最も高く安定して取れる信頼できる科目ですので、ここはしっかりと対策するべきではないだろうか?

  • 私大が本当に難しくなって入りにくくなっているのか?
  • 体調管理しっかりと!なぜ体育会が就活に強いのかを考えて!
  • 10月からの毎日の勉強の分量の目安
  • 暗記のしくみ(脳科学から考えてみよう!)
  • スポーツの全国・地方大会と大学受験 #早慶上智 #GMARCH #全国大会 #受験 
  • 別の角度からのイマジネーションの力
おすすめの記事
大学受験 予備校 GMARCH
LIVE授業の良い所 昨今予備校の形式が変わりつつありますね。 通信的な教材中心とか 映像中心とか 当然、人によってそれが合う人もいればそれ...
合格
先日紹介した川上くんが 慶應義塾大学 環境情報学部合格!!! なんと!早慶上を総なめに!すごすぎます!!!早慶上三冠となると、各大学で問題形...
勉強の心構え
みなさんこんにちは! 7/4のブログでみなさんにディズニシーのショーを例に、“イマジネーションの力”についてお話ししました。たまたま、この“...