受験生によって必要な勉強時間は異なる【明石教室】

ただいま藤井セミナー明石教室では

入塾説明会を開催しております。

入塾説明会申し込みはこちらから

————————————–

 

藤井セミナー明石教室長の木下です。

 

 

さて、本日の内容は「勉強時間」についてです。

ラインナップは以下の通りです。

(1)そもそも勉強時間ってどのくらい必要なん?

(2)必要な勉強時間は人によって異なってくるという現実

(3)結果に直結していない内容を他人と比較しても無意味

(4)「何時間勉強したか?」ではなく「出来る時間はすべて勉強する」という

考えを持つこと

 

勉強への考え方としては(4)が大事になってくるかなと

思います。

 

浪人生はともかくとして、特に高校生においては

高校も休校となっていますので

1日に大体どれくらい勉強すれば良いか分からない

人が非常に多いと思います。

 

なので結論付けていきたいと思います。

 

 

 

(1)そもそも勉強時間ってどのくらい必要なん?

結論だけ申し上げますと、

どのくらいの勉強時間が必要なのかは、

「人により異なる」という事です。

 

答えになっているかどうかは分かりませんが、

「自分が必要だと思う勉強量分だけ時間をかけて勉強をする」

それが自分に合った勉強時間です。

 

 

また、質問内容を言い換えると、

・どのくらいの時間をかけて勉強すれば合格できるのか?

・どのくらい勉強すれば学校の成績が上がるのか?

・参考書や問題集はどのくらい回数をやればいいのか?

上記のような疑問を持つ受験生は非常に多いと思いますが、

その疑問に対する決定的な回答もここにはあります。

 

結論からいえば、先ほども申し上げましたように、

「自分の成績を上げるのに必要な時間だけ勉強しなさい」

という事です。

 

 

 

 

(2)必要な勉強時間は人によって異なってくるという現実

必要となってくる勉強時間は、人によって異なってきます。

 

例えばある参考書を使って勉強をしようとなった時に

結果が同じ勉強量になったと仮定しても

1時間で済むことが出来る人もいれば、

2時間も3時間もかかる人も場合もあるという事です。

 

勉強にも向き不向き、得意不得意というものがあります。

勉強する習慣がついていれば、上手にできることもありますし、

今まで勉強をしてこなかったり、習慣がついていなかったりすると

うまくできない事もあります。

 

人間の能力も色々あります。

受験生全員が同じ能力を持っているわけではありませんし、

また、同じ環境で同じ能力を発揮できるというものでもありません。

様々な種類の人間がいるように、能力もいろいろです。

 

 

なので、そもそも必要な勉強時間は人によって異なる

という事です。

 

 

 

 

(3)結果に直結していない内容を他人と比較しても無意味

「今日〇〇時間勉強しました~」。

 

模試の点数や偏差値、勉強した範囲や量を他の受験生と比べるのは

まだいいとして、(これも場合によっては不毛ではあるが)

特に勉強時間を他人と比較するのは、

あまり意味のあることではありません。

 

他の受験生と競争するのは点数や偏差値、勉強量であって、

勉強時間そのものではありません。

 

勉強は、自分に必要なだけ勉強をする必要があります。。

他の受験生が2時間勉強するから、自分も2時間やるというものではないのです。

 なぜなら先ほどお伝えしているように、同じ勉強をするのにも、

かかる時間は人によってそれぞれ異なってくるからです。

 

「参考書をどれくらい進めたら良いか?」も同じです。

必要な時間は、人それぞれで違ってきます。

 

重要なことは、

その科目が出来るようになるまでやる。

その内容が分かるまでやる。

この事だけです。

 

人の2倍時間をかけたとしても、

合格すれば結果は同じです。

 

他人の2倍の時間がかかったとしても、

一冊の参考書を完璧に仕上げれば、

試験では同じような点が取れるのです。

 

 

 

(4)「何時間勉強したか?」ではなく「出来る時間はすべて勉強する」という

考えを持つこと

受験生に覚えておいてほしいことは、

「勉強できる時間は、すべて勉強に費やす」という事です。

大体この時期の現役生で10時間、

浪人生で最低でも12時間は勉強に費やす時間はあると思います。

勉強時間の設定については、

現役生に関してはこのブログを参照↓

浪人生に関してはこのブログを参照↓

 

なので、この時間は最低でも勉強するようにして下さい。

これは「何時間勉強したか?」を気にする以前に、

「そもそもこれくらいの勉強時間を確保して、

最低限この時間は勉強しなければいけない」

という事に焦点を当てる考え方です。

 

「今日は10時間も勉強したぞー」ではなく、

「あー10時間勉強するのって当たり前だよね。

最低限だよ。この時間内でできる勉強量を増やそうよ」

という考え方になることが大切です。

 

なので、勉強できる時間はすべて勉強に費やして、

「勉強量」であるとか、「点数」に重きを置いていきましょう。

 

それでは、引き続き復習と暗記を継続して行っていきましょう。

 

 

以上です。

ただいま藤井セミナー明石教室では

入塾説明会も開催しております。

入塾説明会申し込みはこちらから

 

—————————-
偏差値40から関関同立への逆転合格!
藤井セミナー 明石教室
JR明石駅 山陽明石駅 徒歩3分
国道2号線沿いの魚の棚商店街手前
TEL:078-915-1633
関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大学
——————————–

おすすめの記事