目標設定の重要性と、その怖さ【明石教室】

藤井セミナー明石教室長の木下です。

 

 

さて、今回の内容は

「目標設定の重要性とその怖さ」についてです。

 

恐らくこの記事を見ている人のほとんどは

大学受験を志す人だと思います。

「第一志望校に合格する」という目標を立てて

勉強を行っていくと思いますが、

その時に重要なことをお伝えします。

藤井セミナー明石教室長の木下の

現役生時代と浪人生時代の大学入試について

書いています。ぜひこちらもご参照ください。

 

 

ただいま藤井セミナー明石教室では

入塾説明会を開催しております。

入塾説明会申し込みはこちらから

 

 

 

 

 

 

(1)まず大事なのは「時間は有限」だということ

今この記事を見ている人が高校1年生であれば約2年後、

高校2年生であれば1年後には受験生になります。

また高校3年生は約半年後には大学共通試験(旧センター試験)

から始まって、私立入試、国公立大学の2次試験へと

移っていきます。

 

「第一志望校へ合格するんだ」という目標を

設定してそこに向かって努力を積み重ねる必要があります。

 

ここで考えなければいけない事は、「時間」です。

 

 

先程受験生になるまでの年数を書きましたが、

はっきり言うと、受験シーズンは

「あっという間に」来ます。

たとえ高校1年生や2年生であってもです。

 

 

まだまだ先は長そうですが、毎年大体の受験生が

「もっと早く勉強をしておけばよかった」と

後悔している場面を自分自身さんざん見てきました。

 

という事は、高校1年生であれば2年後、高校2年生であれば

1年後に受験生になるというこの「2年」や「1年」って

ものすごく短く、貴重だと感じませんか?

「もっと早くに勉強していればよかった」と後悔している

受験生にとって、いま高校1年生や2年生が

持っている時間は喉から手が出るほど

欲しい時間だと思います。

それくらい時間は貴重なのです。

 

 

そうです。この記事を見ている高校生にとって、

「残された時間は少なく、また有限」なのです。

まさに「明日やろう」は「バカやろう」なのです。

 

なので今の高校1年生と2年生の受験勉強の開始は

「志望校が決まった瞬間」ないしは

「大学受験を視野に入れた瞬間」が

タイミングとなります。

藤井セミナーの入塾説明会申し込みはこちらから

 

次にその時間で達成する「目標」について

書いていきます。

 

 

 

 

 

(2)目標設定の「怖さ」

さきほど(1)では高校生にとって「時間は有限」であり、

その時間は非常に短いというお話をしました。

 

次にその「目標」の性質についてですが、

自分自身が掲げる目標というのは2つに分けることが

出来ると思います。それは、

 

①自分にできそうな目標

②自分が本当になりたい目標

 

この2つです。

①の自分にできそうな目標というのはある程度

予測ができる目標です。

問題は②の自分が本当になりたい目標です。

 

 

受験勉強において、第一志望合格という目標は

この②の「自分が本当になりたい目標」に

分類されると思います。

 

そうなると考えなければいけない事は、

②の目標を達成するためには、

「とても時間がかかる」という事です。

 

「志望校」というのは『「今」現段階ではその大学へ合格することは

難しいかもしれないが、「有限である時間」を使って

将来合格するために一生懸命勉強して行く大学」』というニュアンス

が含まれている場合が多いです。

 

 

だとするとここで考えなければいけない事は

「その目標達成のためには、いろいろな可能性を消し去らなければ

いけない」という事です。

特に自分の実力と志望校の差が大きい人ほど

色々な可能性を消し去る必要があるでしょう。

なぜなら、「本当に自分がなりたい目標」を達成しようとすれば、

有限である時間の多くを目標達成のために投じる必要が

あるからです。ここに目標設定の怖さがあります。

 

 

つまり目標を立てるという事は、その目標以外の可能性を

狭めることにあります。

なぜかというと、何回も言うように高校生が使うことが

出来る「時間は有限」だからです。

 

これを経済学の用語で「トレードオフ」と言います。

聞いたことがあるかもしれませんが、簡単に言えば

「何かを手に入れるには、何かを捨てなければいけない」

という事です。

 

 

選択肢は無限にあります。ですが時間は有限です。

なのでどれかを選んで、そこに向かって努力をし続けなければ

どの目標も達成することが出来ません。

 

 

 

 

(3)最後に

目標を設定することはものすごく大事ですが、

それと同時にとても怖いことでもある

というのが分かったでしょうか?

 

とはいっても、高校生のほとんど、ましてや

このブログの記事を見ている高校生は

「大学受験」を視野に入れている人がほとんど

だと思うので、

あとはその志望校合格へ向けて、どれだけの

時間を投下することが出来るか?だと思います。

 

勉強時間についての考え方はこちらの記事を参照

 

 

以上です。

それでは引き続き復習と暗記を頑張っていきましょう。

 

 

ただいま藤井セミナー明石教室では

入塾説明会を開催しております。

入塾説明会申し込みはこちら

 

 

————————————————-

偏差値40から関関同立への逆転合格!
藤井セミナー 明石教室
JR明石駅 山陽明石駅 徒歩3分
国道2号線沿いの魚の棚商店街手前
TEL:078-915-1633
関西学院大学 関西大学 同志社大学 立命館大

——————————————-

 

 

 

 

おすすめの記事